ありぃ’s Diary

40男が綴る犬(シーズー)ブログです。

ソロ + ワン

allycookie160930_1.jpg



9月に入ってから晴れた日が数日にも満たない地域もあったとか。
そんな全国的に雨が降り続く日々、週末には晴れるとの天気予報を聞いて
急遽3日前にキャンプの予定をたてました。

今回のツーリングキャンプにあたり、私自身も単独でのキャンプは初めてなので
ここはベテランをと、ありぃさんを相棒に選びました。
そして今回クッキィはあずたろぅに預け留守番です。


allycookie160930_2.jpg



<1日目>

出発は日曜日の10時頃。
中央高速の下りを “同乗者” に気遣いながら、たいした渋滞にもあわず
ひたすら左車線をのんびり走ります。

このベテラン犬、時折載ってないのかと思うほど
背中から気配を感じられないことがあります。
そこで、一気にフルスロットルで加速し、瞬間的にそこそこの速度まで上げると
ようやくモゾモゾと反応を返すという、そんなコミュニケーションをとりながらの道中でした。

そんなコンビですが、おそらく私のことよりもありぃを心配しているであろうあずたろぅのために
要所要所で写真を送ることに。


allycookie160930_3.jpg

(初狩PAにて)


勝沼インターを降り、ぶどう畑が広がる街なかを抜けながら
今回の宿泊地、山梨県山梨市の「ほったらかしキャンプ場」に到着です。


allycookie160930_4.jpg


こちらは先日の弾丸ツーリングの折、途中立ち寄った「ほったらかし温泉」の少し奥に
キャンプ場があることを偶然発見していました。
(いずれも名称であって、実際に “ほったら”かされてはいません)
その日、下見がてらそこのスタッフに話を聞くと、今年6月にオープンしたばかりで
週末の土曜日はほとんど予約が埋まっているとのこと。

そこからの眺望と、温泉から歩いて3分程度という近さから
密かに初めのソロキャンプにはココと決めていました。


allycookie160930_5.jpg


この日中央高速を走る道中、トンネルを抜けるごとに少しずつ体感気温が下がっていく感覚を覚えましたが
現地に到着すると真夏のような暑さ。
加えて陽射しを遮るような木立もない上に風も吹かず、眺望側もほぼ真南に面しているため
常に厳しいほどの陽射しが降りそそぎます。


allycookie160930_6.jpg

(潔癖症のありぃが、珍しく地べたに腹這いになって唯一の日陰に避難)



allycookie160930_7.jpg

allycookie160930_8.jpg

allycookie160930_9.jpg


設営を終えて近隣を散策した後、焚き火の準備のために薪を購入。
ところが、前日まで降り続いた雨で薪がすっかり湿っているのは少々残念でした。
(その点はスタッフも詫びていましたが)
その上こんなときに限って着火剤を忘れてしまったので
木屑を削り出しがてら、薪の湿った表面を出来るだけ削いでみることに。


allycookie160930_10.jpg


allycookie160930_11.jpg


まわりのサイトに他のキャンパーが入りはじめるなか
傍らに犬を従えて黙々とナイフで薪を削っている様は、相当奇異な姿に映ったに違いありません。


そして、おおよそ削り終わっていざ焚き火を始めようとしたところ
湿った木屑では思うように着火せず、スタッフに事情を話し
着火剤と火種になる乾いた木っ端を譲ってもらいましたが
結局薪は芯まで湿っていたようで、それ以上に燃え広がることはついにありませんでした。


allycookie160930_12.jpg


ちなみに翌日、単車なので残った薪を持ち帰ることも出来ないので
それを引き取ってもらおうとすると、購入した代金は返金してくれました。
(中途半端に焦がしたので辞退はしたのですが)


allycookie160930_13.jpg


この日の夕食は、炭火とグリルを使って焼き鳥をと考え
極力ゴミを出さないようにと、食材は前日に仕込んできたのですが
持っていった炭にも完全に火がまわらないために、表面を炙る程度にしかならず
仕方なく串から抜いて、バーナーとフライパンで炒めるハメに。
もっと簡単に着火できる炭を持っていくべきだったと激しく後悔しました。


allycookie160930_15.jpg


そんな独り悪戦苦闘している最中、ほったらかされてテント内で寝床を荒らしてふて寝するありぃでしたが
今回も前回のキャンプに倣い、犬ゴハンは茹でた鶏のササミを与え、機嫌を直してもらうことに。


allycookie160930_16.jpg



そして夜も更けたところで、歩いて温泉へ。


allycookie160930_14.jpg


サイトから眺めるのとほぼ同じ夜景のなかで入る露天風呂は、なかなかのものがありました。
閉店間近でしたが、まだまだ客足は少なくはなく
なかには身体にイラストを施したやんちゃそうな若者数人も。
勝手な想像ですが、このご時世、そんな若者たちもその時間帯に利用することで
目立たぬよう気遣っているのかもしれないと思ってみたりして。



今回の出発前、こまごまとしたものを買い足そうと、久しぶりにキャンプ用品店に赴いたのですが
近年の登山ブームもあってか、一昔前よりもより軽量・コンパクトなフィールドギアが揃っているのを目の当たりにし
いっそ全部買い替えてしまいたい衝動に駆られましたが、ひとまずは現状の装備で行こうと思いとどまりました。

ただ、人間の寝床に対してど真ん中を占拠しようとする犬っころを連れて行く場合
「一人」と「一匹」用の装備がそれぞれ必要なのかとも思いながら
決して狭くもないテントのなかで、なぜか一人と一匹必要以上に身を寄せ合い眠るのでした。


allycookie160930_18.jpg




<2日目>


5時起床。


allycookie160930_17.jpg


白々と明け始めた空を眺めながら、再び温泉へ。


allycookie160930_19.jpg


こちらの施設は、日の出を眺めながらの入浴を目的とした利用客のために
その一時間前を開始としていて、平日にも関わらずすでに多くの利用客が入浴していました。

あいにくこの日は雲が多く、ご来光こそ眺めることはできませんでしたが
清々しい朝の景色のなか入る露天風呂も、またいいものでした。


allycookie160930_20.jpg


allycookie160930_21.jpg


allycookie160930_22.jpg

(久しぶりに使うバーナーのため、火加減を忘れて少し焦げた)


この日天気は薄曇りでしたが、前日同様夏日のような空気のなか撤収し、行きと同様のんびりと帰りました。


allycookie160930_23.jpg

(風もないのに文鎮役を買って出る犬)



allycookie160930_24.jpg

(談合坂SAにて)


クルマに思いつくまま荷物を積み込み、エアコンの効いた環境で移動するキャンプもいいですが
限られた積載量を考えながら、可能な限り快適に過ごそうといろいろ模索して
全身で季節を体感するツーリングキャンプもまたやはり愉しいものです。

そして、およそ5年ぶりのツーリングキャンプでしたが
まだまだ元気で、よりベテランの貫禄が増した相棒がいることに
何より頼もしいものを感じるのです。


allycookie160930_25.jpg




スポンサーサイト
  1. 2016/10/01(土) 00:36:36|
  2. キャンプなど
  3. | コメント:0
<<露呈 | ホーム | 回帰。そして始動>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

名前*ありぃ(シーズー♀)
誕生日*2005年4月14日
齢ふた桁を迎えた稀に見る怠け犬。得意の魔法で飼い主を二度寝に誘う。

名前*クッキィ(シーズー♂)
誕生日*2012年4月4日
通称『破壊王』。飼い主に楯突くことはあってもありぃには逆らえない。

名前*さたろぅ(私)
会社の代表を務めるかたわら、家に帰れば犬たちの世話役に努める中年。

名前*あずたろぅ
単身赴任する私のツレ。ありぃ&クッキィを何よりの心の拠り所とする。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日常 (439)
イベントやお出かけ (25)
ありぃ及びクッキィについて (63)
ありぃ及びその飼い主について (40)
キャンプなど (37)
旅 (18)
今月のプレゼント (29)
未分類 (38)
はじめに (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる