ありぃ’s Diary

40男が綴る犬(シーズー)ブログです。

途中経過

allycookie160712_1.jpg

(仏頂面をしておりますが、トリミング翌日の寝起きのクッキィです)



ありぃの目の不調からはや1ヵ月。
完治こそしていませんが、快方には向かっているようです。


allycookie160712_3.jpg


前回の更新以降、私は24時間態勢でありぃに目薬を施し、かすかな改善こそしていましたが
もう1週間様子を見て、それでも症状が変わらなければ瞼を一時的に縫合しましょうという獣医の診断となり
手術の仮予約をする段階にまでいたっていました。
それまで私は自宅で仕事をする一方でありぃを傍におき、夜寝ている間も90分ごとにタイマーをかけては起きて目薬を施していたものの
そのような診断を受けてからは、半ば諦めもあったり、やむなく留守にしなければならなかったりしたこともあり
目薬の頻度は極端に落ちていました。

その手術仮予約の前日には、全身麻酔となるであろう気の毒なありぃを思い
戻ってきても食欲は落ちているだろうから一番喜ぶものを食べさせてやろうと、ツレと電話で相談していたのでした。
普段は決して与えないアイスクリームが何より喜ぶのでは、との結論にまで達していましたが
(幼年の頃につい与えてしまった経緯がある)
半面それすらも受け付けないんじゃないかとも思っていました。


しかし明けていざ診断を受けると、思ったよりも改善していると意外な結果が。
その角膜の傷に対して黒目のまわりから血管が伸びてきて、その傷を覆うように血液が修復してくれるのだということを
ありぃの左目を見開かせながら説明してくれたのですが、確かにその眼球のやや左にある傷のまわりには
痛々しいながらも確実に赤く修復されつつある状態が認められたのでした。


allycookie160712_2.jpg


それからも週に一度は診察に赴き、思いつく限りの頻度で目薬を施している日々ですが、今なお経過観察中ではあります。


そんななか、今でこそ目は開いていますが、しばらくの間ほとんど両目を閉じた状態で徘徊するありぃに
不意にぶつかられてひどく驚くクッキィを見るのは、なかなか面白いものがありました。


allycookie160712_4.jpg



スポンサーサイト
  1. 2016/07/12(火) 21:41:11|
  2. ありぃ及びクッキィについて
  3. | コメント:0
<<ケッコウケダラケ | ホーム | ありぃのカルテ(覚書)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

名前*ありぃ(シーズー♀)
誕生日*2005年4月14日
齢ふた桁を迎えた稀に見る怠け犬。得意の魔法で飼い主を二度寝に誘う。

名前*クッキィ(シーズー♂)
誕生日*2012年4月4日
通称『破壊王』。飼い主に楯突くことはあってもありぃには逆らえない。

名前*さたろぅ(私)
会社の代表を務めるかたわら、家に帰れば犬たちの世話役に努める中年。

名前*あずたろぅ
単身赴任する私のツレ。ありぃ&クッキィを何よりの心の拠り所とする。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日常 (439)
イベントやお出かけ (25)
ありぃ及びクッキィについて (63)
ありぃ及びその飼い主について (40)
キャンプなど (37)
旅 (18)
今月のプレゼント (29)
未分類 (38)
はじめに (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる